仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
ニュース

Zaifが約67億円の仮想通貨を流出、すぐに資産の安全確認と出金手続きをしよう

とても残念なニュースが入りましたね。
コインチェック事件から、少しずつ仮想通貨の盛り上がりが回復しつつあっただけに。

そんな最悪なタイミングで、仮想通貨取引所Zaifを運営する株式会社テックビューロは、入出金用のホットウォレットのハッキング被害に合い、約67億円の仮想通貨が流出したことを発表しました。

そして、発表内で以下のような対応を取ることも明示しています。

  • 業務提携をしているフィスコより50億円の支援を受けること
  • フィスコがテックビューロの株式を過半数取得すること
  • フィスコから過半数以上の役員の派遣を受けること

ただし、今回のテックビューロの対応には誠実さに欠ける点も見受けられ、個人的には「どこまで信用していいの?」って感じは否めません。

Zaifハッキングが発覚してからリリースされるまでの流れ

Zaifは、17日にサーバー障害により入出金を停止していることを公式Twitterで周知していました。

そして、プレスリリースでは18日に「ハッキングの事実が発覚した」とあります。

しかし、ハッキングが発覚した同日の9月18日。Zaifの公式Twitterでは、ハッキング被害はなく顧客資産の安全が確認できていることを発表していました。

顧客資産の安全を確認とは、いったいなにを根拠に言ってんの?となりますよね。

ぶっちゃけ『なにかの時間稼ぎ』をしていたのか?と疑ってしまいます。

Zaifのリリース時間や対応の遅さ、誠実さに欠ける行動に不信感が募る

やはり、界隈の反応は同じようなリアクションがほとんどであると言えます。

上記のことから、Zaifは虚偽の報告を行ったのでは?という不信感が募っています。
また、リリースの時間が深夜2時であったことにも疑問が浮かびますよね。

↑これのための『時間稼ぎ』だとしたら最悪ですね…。
疑い出したらキリがないですけど、疑われてもしょうがないような対応の遅さです。

やはり、日本は特にコインチェック事件の一件もあり、流出には過敏に反応してしまいます。

仮想通貨界隈が少しずつ盛り上がりを回復させている中で、非常に残念なニュースであり、だからこそ誠実かつ早急に、真摯に対応をしてほしいと切実に願っています。

Zaifホルダーは資産の安全を確認し、すぐに出金しよう

Zaifで積立投資や現物取引をしている人は、すぐに資産の安全を確認のうえ、出金手続きを行いましょう。

僕はBTCとETHを積立投資していましたが、無事で先ほど出金手続きも済みました。

資産は保証されているとありますが、上述のような不誠実な対応を見せられれば、この発表も真実かどうかは懐疑的にならざるを得ません。

必ず、自身の資産をすぐにZaifから移行させておきましょう。

ハッキングの犯人らしき人が見つかった!?

今回起きたハッキングの数量は5,966BTCであることのみ分かっています。

さっそくそれと完全一致した取引履歴が見つかっていて、ほぼ間違いないでしょうね。

ただ、ここから特定するのはもう難しいだろうなぁ…。

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ