ウォレット

人気銘柄ごとに対応している仮想通貨ウォレットを一覧表で総まとめ!

仮想通貨を保有していくうえで、安全に守るために欠かせないのがウォレットの存在です。

資産を取引所に置きっぱなしにしておくと、ハッキングされて資産を失うリスクがあります。
2018年もコインチェックとZaifがそれぞれハッキング被害に合っているのは記憶に新しいところ。

だからこそ、ウォレットを使って自己責任で資産を守る必要があります。

ワタル

ただ俺が保有している仮想通貨がどのウォレットに対応しているんだろ?

そう思われる方もいるのではないでしょうか?
通貨ごとに対応しているウォレットは違いますからねぇ…。よくわかります。

そこで、今回は人気のある仮想通貨を抜粋して、それぞれに対応しているウォレットを一覧表にまとめました!

ワタル

これを読めば自分の持っている通貨に対応しているウォレットが確認できるはずです!(マイナーコインは除きます…)

仮想通貨ウォレットとは?

仮想通貨ウォレットとは?

そもそも仮想通貨の「ウォレット」ってなに?という方のために、念のため説明しておきます。

ウォレットとは、仮想通貨を安全に保管するためのお財布のようなものです。

仮想通貨は「インターネット上のお金」なので、常にハッキングされる=盗まれるリスクがあるんですよね。

そのリスクを限りなく少なくして、安全に自分の仮想通貨を保管するための役割を果たしてくれるのがウォレットというわけです。

ウォレットの種類

詳しくは、「仮想通貨のウォレット4種類を徹底解説!それぞれの使い方やアプリも紹介」の記事で解説していますが、ウォレットには大きく分けて4つの種類があります。

こちらでもそれぞれの種類や特徴をまとめてみます。

ウォレット種類 安全度 利便性 主なウォレット
ウェブウォレット(取引所) × bitbank
ウェブウォレット × Blockchain
ソフトウェアウォレット breadwallet
ハードウェアウォレット × Trezor
ペーパーウォレット × bitaddress.org

安全度が低いほど利便性は高く、安全度が高くなるほど利便性が低くなっています。
資産確認や資金移動が簡単であれば利便性は高いですが、そうなると盗む側もアクセスしやすい証拠なので、そこは両立は難しいところですね。

より詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

仮想通貨のウォレット4種類を徹底解説!それぞれの使い方やアプリも紹介仮想通貨を持ち始めて、ある程度慣れてきた方は次に「ウォレット」の利用を検討していきましょう。 ウォレットにはいくつかの種類...

人気の仮想通貨に対応しているウォレット一覧表

仮想通貨ウォレットイメージ

さて、本題に入ります。

僕の主観が混ざっていますが、今回は人気のある仮想通貨を厳選して、それぞれの銘柄に対応しているオススメの『ソフトウェアウォレット』と『ハードウェアウォレット』を一覧表にしてまとめていきたいと思います。

なぜこの2つに分けるかと言うと、利便性を重視する人はソフトウェアウォレットがオススメですし、セキュリティを重視する人はハードウェアウォレットがオススメだからという理由です。

ウェブウォレットは安全性が低すぎますし、ペーパーウォレットは数が少なすぎるんですよね。

ワタル

ウォレットを利用している方の大半は、この2種類のいずれかなので、ここさえ分かればOKですよ。

通貨 ソフトウェアウォレット ハードウェアウォレット
ビットコイン breadwallet Trezor
リップル Toast Wallet Ledger NanoS
イーサリアム MyEtherWallet Trezor
ビットコインキャッシュ breadwallet Trezor
ライトコイン LoafWallet Trezor
NEM Nano Wallet Ledger NanoS
モナコイン Monacoin Core Trezor
イーサリアムクラシック MyEtherWallet Trezor
DASH Jaxx Trezor

少額保有者はソフトウェアウォレット

イメージ的には100万円未満の方でしょうか。

それくらいの金額の方は、ソフトウェアウォレットが手軽で良いと思います。

ハードウェアウォレットに比べるとセキュリティは落ちますが、それでも取引所に置きっぱなしにするよりは安全です。

まずは、breadwalletを使うことをオススメします。

サーバーを介さずに、直接ビットコインネットワークに接続し、データはスマートフォンに保存するため、サーバー攻撃を受けるリスクがないことが特徴です。

ワタル

しかも今まで一度も資産を盗まれたユーザーがいないと豪語しているウォレットです。

BRD - ビットコイン ウォレット
BRD – ビットコイン ウォレット
開発元:breadwallet LLC
無料
posted withアプリーチ

 

あと、個人的にオススメなのがGincoです。

なぜかと言うと、Ginco国産アプリなので、日本人にはとても馴染みやすくなっているからです。

モバイル型のウォレットで、且つiPhoneのみ対応というのが難点ではありますが、ぜひiPhoneユーザーはアプリをインストールしてみることをオススメします。

ワタル

デザインもおしゃれで、直感的に使い方が理解できるので初心者の方もすぐに使いこなせます。

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ

高額保有者、長期保有予定の方はハードウェアウォレット

100万円以上の高額保有者、もしくは現在の資産を長期間保有し続けようと決めている方は、絶対にハードウェアウォレットで資産を管理しましょう。

ワタル

ここについては選択の余地なしです。失ってから後悔しても遅いですからね。

ハードウェアウォレットは頻繁に売買したりするのには向いていません。
だからこそ、長期間ずっと持ち続けようという方は、金額関係なくハードウェアウォレットに預けておいた方が良いです。

高額保有者は、言わずもがなですね。とにかくハードウェアウォレットはセキュリティが最強なので。

ハードウェアウォレットを使うなら、まずはTrezorです。
上記の一覧表にもある通り、ほとんどの人気通貨に対応しているので、Trezorを1つ持っておけば安心感が全然違います。

 

そして、リップルとNEMですね。この2つだけはLedger NanoSのみ対応となっています。

「リップルやNEMがむしろメイン保有で高額だ!」という方は、Ledger NanoSを選択するべきだと思います。

仮想通貨の対応ウォレットまとめ

仮想通貨ウォレットまとめ

最後に、仮想通貨ウォレットについて総括しておきます。

  • 仮想通貨ウォレットは大きく4種類に分けられる
  • 取引所とウェブウォレットはセキュリティに不安あり
  • 少額保有者のオススメはソフトウェアウォレット
  • 長期間持ち続ける人はハードウェアウォレットに預けておくべき
  • 高額保有者もハードウェアウォレットを使っておくべき
  • 資産を失ってからでは遅いので、ウォレットを使って安全に守りましょう

すべての資産をウォレットに預けておく必要はないんです。

例えば、「持っているビットコインのうち、しばらく日本円に換金しない予定の一部だけ移しておく」とか、「たくさんの銘柄を保有しているが、その中のリップルとNEMだけ移しておく」というのも全然OKです。

ハードウェアウォレットの利用がちょっとめんどくさそう…と思う方は、まずGincoのアプリが入口としては最強です。

アプリをインストールして、すぐに使えるので「ウォレットってどう使うんだろ?」というお試しには最適です。ぜひ活用してみてくださいね。

Ginco - 仮想通貨ウォレット
Ginco – 仮想通貨ウォレット
開発元:Ginco Inc.
無料
posted withアプリーチ
世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

ビットコインFXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...