仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
初心者ガイド

トークンエコノミーとは?新しい経済圏は今後どのような変化をもたらすか

「なぜ仮想通貨はワクワクするか?」と考えたときに、仮想通貨の技術が可能にするトークンエコノミーという「新しい経済」のカタチが楽しいからと答えます。

独自の経済圏を創る「トークンエコノミー」という概念は、今後のライフスタイル・働き方・稼ぎ方すべてを変える可能性を秘めています。

つまり、この概念を理解している人と、無視している情報弱者は将来起こり得る大きなトレンドの波に「乗れるか」「乗り過ごすか」。この違いは大きなターニングポイントになるのでは?と思っています。

ワタル

近い将来、トークンエコノミーが当たり前の時代になると思う。だから、いま必ず理解しておきたい概念だよ!

トークンエコノミーとは?

トークンエコノミーのイメージ図

そもそもトークンエコノミーってなによ?っていう部分から説明します。

  • トークン=貨幣の代わりになり得る価値のあるもの。代替通貨とも言える。
  • エコノミー=英語で「経済」という意味。

つまり、代替通貨による経済圏という意味です。

サービス提供者がトークンと呼ばれる代替通貨を発行し、ユーザーやフォロワーがそれを購入することによってトークンに価値が付与されます。(価格が上がります)

価値が生まれれば、それはもう「通貨」として代用できてしまうわけですね。

これによって、トークンを使えるサービスの周りでは「独自の経済圏」が成立するという仕組みです。

トークンエコノミーで実現できることとは?

法定通貨(日本円)に頼らない経済の実現

日本円の札束

トークンエコノミーの可能性をまず挙げるなら、法定通貨への依存から脱却できるという点です。

日本では「円」なわけですが、円以外は使いたくない!持ちたくない!っていう考えは言っちゃ悪いですがマネーリテラシーがかなり低く危険だと思っています。

法定通貨の価値は国に依存します。そういう意味では、特に日本において円に依存することは将来かなり高い確率で厳しいと言わざるを得ません。円の価値が下がるからです。

日本円の価値が下がるから仮想通貨で資産を防衛する、という話今回はちょっと視点を変えて、「投資」以外の観点から記事を書きたいと思います。 なぜ僕が仮想通貨に投資して、仮想通貨として資産保有を...

そんな中で、トークンエコノミーでは発行されるトークンごとに独自の経済圏が構築されるため、コミュニティも活発化します。
現在の自由の効かない経済システムでは実現できないようなことも成し得るようになるわけです。

また「法定通貨」という枠を外れることで、よりグローバルなサービスが展開しやすくなるのも大きなメリットだと思います。
貨幣による国家間のガードがいっさい取っ払われることになりますからね。

新しい価値をつけることができる

ビットコインに価値をつける

トークンエコノミーは、今まで無価値だったモノに対して価値が付与できるようになります。

たとえば、あなたの趣味特技にも価値がつくかもしれません。もしかしたらあなたの時間にも、いやあなた自身にさえ価値が付与されます。

実際にそんな経済圏が存在しているんです。(後ほどいくつか紹介します)

ここが働き方が変わると思われるポイントです。もはや「個」で稼ぐ、というのはトレンドワードになっていますがトークンエコノミーが浸透することで、より一層その動きは強くなるでしょう。

仮想通貨とトークンの関係

ブロックチェーン技術がトークンエコノミーを発展させる

ブロックチェーン

通常、トークンの発行数や初期価格はトークンの発行者によって定められています。

つまり、発行者によって数量などを操作することができてしまうわけです。これでは信頼できませんから、「数量」や「取引履歴」を記録できるブロックチェーンの存在がトークンエコノミーの発展には必要不可欠になってくるんですね。

ブロックチェーンが使われることによって、トークンへの信頼性が担保されます。
なぜなら、ブロックチェーンは取引記録を「第三者が承認する」という仕組みだからです。

いわゆるPoWやPoSといったコンセンサスアルゴリズムに応じて、発行された数量や取引の記録を第三者が承認することで、発行者などによる不正操作ができなくなります。

PoW・PoC・PoS・PoIとは?代表的なコンセンサスアルゴリズムを完全解説します仮想通貨の仕組みを知っていく上で、欠かせないコンセンサスアルゴリズムについて説明していきたいと思います。 紹介するのは、なかでも「...

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術が、法定通貨への依存脱却に大きく貢献しています。

代表的なトークンエコノミーのサービス事例

VALU

VALU

VALUは「やりたいこと」を実現したい個人が、様々なフォロワーから投資(支援)を受けられるというSNSサービスです。

このサービスのおもしろいところは、いち個人に対して価値が付与されるという点です。

VALUのプラットフォーム内で「VA」という独自のトークンが使われており、支援を受けたい人はVAを発行できます。そして、発行者が今後ブレイクしそうだ!と思った場合は、その人のVAトークンを購入することで支援をすることができるという仕組みです。

まさに株式投資と似ていて、投資家は将来成長しそうなベンチャー企業などに投資をしますよね。
投資を受けた企業はそこで集めた資金をもとに、新規事業を立ち上げたりして売上を伸ばせます。対して投資家は投資した企業が成長して株価が上がれば、自分の利益として還元されるわけです。

これがまさにVALUで行われています。

  株式投資 VALU
発行するモノ VAトークン
投資先 株式会社 発行する個人(誰でも可)
投資できる人 限定される 誰でも投資できる
発行者 投資を受けるほど資金が入る VAを購入されるほど資金が入る
投資した人 株価が上がるほど儲かる VAの価値が上がるほど儲かる

企業が個人に、投資家が一般ユーザーになっただけの話で、それが簡単に実現できてしまうのがトークンエコノミーなんです。

ALIS

ALIS

ALISは、日本初のブロックチェーン技術を使用したソーシャルメディアプラットフォームです。

ALISは、良質な記事が集まるメディアプラットフォームを目指していて、現在のメディア体質を抜本的に変えようと動いています。

ALISという独自トークンを発行していて、コンテンツ提供者とコンテンツ評価者にそれぞれトークンが報酬として与えられるような仕組みになっています。

簡単にいうと「記事を書いていいねをもらう+他人の人気が出そうな記事にいち早くいいねをする=高い報酬が得られる」です。

ワタル

ただ、これだと質の良し悪しは判断できないよね?いいねが集まる記事が良質とは限らないし…

そうですよね、なのでALISでは独自の評価アルゴリズムを採用しているようです。
詳細は長くなるので割愛しますが、「ユーザー信頼度スコア」という方式と「不正に対する検知の仕組み」を構築しています。

ALISが目指す世界は、メディアとしてのマネタイズに大きな変化を生む可能性を秘めています。SEO対策や広告を貼らなくても収益化できるメディアが誕生しはじめているんだから。

トークンエコノミーが主役となる日も近い予感

テクノロジーの未来

トークンの発行によって新たな経済圏を誕生させることが可能になり、トークンを用いたサービスなどが多く開発され始めています。

ブロックチェーン技術を活用することで、トークンという代替通貨に「信頼」を乗せることができたことによって、今はとてつもない速さで時代が変わりつつあると思います。

LINEもトークンエコノミーのサービスリリースを発表したことで、さらにこの流れは加速するでしょう。

LINEが5つのDAppsサービスを発表!フリーランスや副業として新しい稼ぎ方が生まれる予感LINEが仮想通貨事業に本気です…! 仮想通貨取引所「BITBOX」を展開しているLINEですが、9月27日にLINE Token...

トークンエコノミーは、誰でも個人で稼ぐことができる可能性を広げてくれることは間違いないので、情報を追って自分の理想のライフスタイルを手に入れられれば最高ですよね!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ