初心者ガイド

仮想通貨のSTOとは?ICOに代わる資金調達方法?仕組みを詳しく解説

今後、仮想通貨業界で大きなテーマになると言われているのが「セキュリティトークン」です。

ワタル

みなさんもICOはもう終わった。これからはSTOが来るとか聞いたことありません?

これは本当にその通りで、現在のICO投資のプロジェクト成功率の低さや詐欺案件の多さを顧みると、ICOに関しては規制も厳しくなり、どんどん縮小していくのでは?と思っております。

ICOとは?

正式名称はイニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開)と言います。
資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨(トークン)を発行し、それを購入してもらうことで資金調達を行うという方法です。
株式を発行して資金調達をすることをIPOと言いますが、それの仮想通貨バージョンと理解してもらって大丈夫です。

昨今、SEC(米国証券取引委員会)当局は、投資家保護の観点で、証券としての規制を強く求めてきていますよね。
そこで、現在もっとも注目されているのが各規制機関にルールに従って発行しようとされるSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)です。

セキュリティトークンとは?

証券会社のことを英語でSecuritiesといいます。
すなわち、セキュリティとは金融業界では「証券」のことを指すんですね。

ICOはいわゆるトークンを発行して資金調達を行いますが、そのトークンに証券としての価値がついたものがセキュリティトークンとなります。

証券として価値があるということは有価証券ということであり、トークン自体が現実世界の価値の裏付けとして利用されるということです。

有価証券とは?

手形・小切手・商品券・株券など、その所持者の財産権を証明する証書のこと。

ICOは、誰の管理監視も受けず、ホワイトペーパーだけで資金調達が行えますよね。
そのため、参入障壁が低く盛り上がりやすい反面、詐欺なども多く出てきてしまいました。

そこで、有価証券としての価値を持つセキュリティトークンであれば、SECなどの厳しいチェックを経て、SEC監視のもとで発行されるものになるため、今後はセキュリティトークンが市場のスタンダードになるのでは?と言われています。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは?

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)

STOとは、セキュリティ・トークン・オファリングの略です。

上述しましたが、従来のICOでは、ユーティリティトークンとして構成するトークンを発行し、SEC(米国証券取引委員会)の規制にギリギリ引っかからないように資金調達を行なっています。

ユーティリティトークンとは?

トークン自体に価値を持つセキュリティトークンに対して、それ自体に有用性(ユーティリティ)を持つトークンのことをユーティリティトークンと呼びます。

本来、ユーティリティトークンは有用性を持つものであり、サービスの運営・利用に使われるトークンでなければいけません。

ですが、実態は投機的な価値が付いてしまっており、IどちらかというとICOで発行されるユーティリティトークンは金融商品に近いものになっていますよね。

そこで、こういった投機的価値を持つトークンを各規制機関にルールに従ってそもそも投資商品として発行してしまおうというのがSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)なんです。

ワタル

つまり、最初から投資商品という前提で、然るべき規制機関の監視のもとで有価証券としてトークンを発行しよう!ということです。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)のメリット

詐欺リスクが劇的に低下

STOは最初から投資用のトークンを発行しようというものになり、このトークンはSECの規制枠組みに乗っ取って発行するものになります。

そうすることで、厳しい審査を通過したプロジェクトのみがSTOを行なってセキュリティトークンを発行することができるため、詐欺プロジェクトに引っかかるリスクが少なくなります。

SECとは?

米国証券取引委員会のこと。SECはインサイダー取引や相場操縦など不公正取引に対する処分権限を有しています。
司法に準じる権限を持った独立した強力な機関であり、「米国資本市場・証券市場で投資家を保護すること」を責務とする政府機関です。

STOのデメリット

自由度がなくなり、投資に参加できる人も限られる

ICOは誰でもホワイトペーパーさえ用意できれば参加することができる自由度がありました。

ただ、STOは厳しい審査を通す必要が出てくるため、参入難易度が高くなるという側面があります。

さらにSECでは、特定以上の年収、資産を持つ個人・法人のみが投資できるといった規制があり、このルールがSTOにも適用される可能性が出てきます。

STOを行う企業・プロジェクトの難易度も上がり、投資する側も非常に限定的になってくるということになります。

ワタル

詐欺はなくなり、健全な案件だけが対象になるけど、投資できる人が限られてしまうのは痛いね。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は仮想通貨市場に浸透するか

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)

SECの目的は、セキュリティトークンとユーティリティトークンを区別することではなく、あくまでも投資家が安心して市場で取引できる環境づくりにあります。

そのための規制なのですが、これは同時に仮想通貨の魅力の大半を奪ってしまうことになり、仮想通貨は既存の株式などと同様の金融商品となってしまいますよね。

ワタル

ICOの詐欺行為が多いのも仮想通貨市場へは悪影響なのは間違いない!だけど、規制を掛けすぎて参加できる範囲を狭くしてしまうのも本末転倒だよね。

なんとか、ちょうどいい妥協点を見つけて「誰でも参加ができて、有望なプロジェクトの選定となる」仕組みができることを願っています。

今後のトレンドはどうなるのか?ICOが撲滅してSTOが台頭するのか?

ワタル

んー、ICOはすでに世間の信頼を失っているから、ここから回復するのはもう難しい気がしますよね。

引き続き、動向に注目していきたいと思います。

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

仮想通貨FXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ