仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
ニュース

米SEC、9つのETF否認判断が一転して再審査に変更!その理由や再審査期間は?

なんと、昨日8月23日に下されたビットコインETFの否認判断が、一転して「再審査」へくつがえりました。

SECのオフィシャルにて発表されているので間違いないと思います。

予想通り米SECが9つのETFをすべて否認!市場の動きやTwitterの声を集めてみたまぁ、予想通りでしたね。 日本時間の8月23日午前7時頃に、米SECは計3社が提供する9つのビットコインETFを一挙に非承認とする...

再審査の判断になった背景について、少し見ていきたいと思います。

ETF承認を主張するSECコミッショナーのへスター・ピアース氏の存在

7月のウィンクルボス兄弟がETF否認されたときも、へスター・ピアース氏は下記のように異を唱えており、ETF承認のキーパーソンであることは間違いありません。

ビットコインは未だ熟成しておらず、尊敬を集めておらず、十分に規制されてないからビットコインETFはダメらしい。私は反対だ。

このようにビットコインETFの承認をするべきだ、と主張をしていました。

これを見たRedditの仮想通貨コミュニティーは彼女に「クリプト・ママ」というニックネームを授けていますw

へスター・ピアース氏は何者?

へスター・ピアース氏は、トランプ大統領により2018年1月にSECのコミッショナーへ任命された方です。
もともと、ジョージ・メイソン大学の金融市場ワーキング・グループのディレクターを務めており、またリチャード・シェルビー上院議員のアドバイザーとして上院銀行住宅都市委員会の上席顧問としてドッド・フランク法の援用に関するアドバイスを行ったという実績のある方です。

SECのコミッショナーはピアース氏を含む4人で構成されています。

へスター・ピアース氏により、再審査を示唆する発言が公になる

その「クリプト・ママ」と称されるピアース氏より、下記のような再審査を示唆するツイートがありました。

委員長とコミッショナーは、スタッフに一部の仕事を委任おりスタッフはコミッションの代わりに仕事をしている。
だが、コミッションはスタッフの行動を見直すときもある。そして、それはこれから起こる。

そして、SECの公式から発表になったというわけですね。

今回、再審査になった理由は明らかになっていません。
ただし、再検討している間は23日に受けた9つの拒否判断は有効とはなっていて、再審査に要する期間などは今のところ開示されていないようです。

この再審査への判定変更の背景には、ピアース氏が関わっているのでしょうか。

そこの真実は不明瞭ですが、一転してほんの少しポジティブになったのは間違いなさそうですね!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ