仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
ニュース

楽天が仮想通貨事業に参入を発表!楽天証券との相乗効果に期待!

インターネット通販大手の楽天が、グループ会社の「楽天カード株式会社」を通じて仮想通貨取引所みんなのビットコインの全株式を取得。

それにより、本格的に仮想通貨の取引所市場への参入が発表されました。

ワタル

国内の大手IT企業が仮想通貨市場に参入することは、とても良いニュースですよね。

楽天が仮想通貨市場へ参入した理由とは?

楽天のプレスリリースにて、以下のような背景が記載されていました。

楽天グループでは、2016年にブロックチェーンの研究機関として「楽天ブロックチェーン・ラボ」を英国・ベルファストに設立し、次世代の決済プラットフォームであるブロックチェーン技術の研究を進めて参りました。
将来的にはEコマースや実店舗での決済、P to Pでの決済手段として、仮想通貨による決済機能の役割が大きくなっていくと見込んでいます。このような仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくためには、仮想通貨交換所機能の提供が必要であり、楽天グループとして仮想通貨交換業への参入を検討してきました。
またグループの証券会社である楽天証券において、FX顧客を中心に、仮想通貨による運用機会の提供を期待するお客様の声が大きくなっていることも、今回の仮想通貨交換業への参入検討の背景となっております。

注目すべき要点としては、

  • ブロックチェーン事業とのシナジーを生み出す
  • 主力事業のネット通販にて仮想通貨による決済手段の実現
  • 楽天証券のユーザーからの要望

これらの要点を確認する限り、楽天の参入はかなりホットなニュースですね!期待!!

取引所「みんなのビットコイン」の買収は早期参入を目指すため

現状、取引所事業への新規参入は金融庁での登録にかなりの時間を要します。

そのため、

  • 既存の登録事業者
  • みなし業者

いずれかを買収し、早期市場参入を目指すという手段を取られることが多くなっています。

ちなみに、みんなのビットコインみなし業者に該当します。

みなし業者とは?

金融庁から仮想通貨取引所として、正式な認可を受けていない取引所のことです。
システム管理や安全管理体制などの基準を満たして、金融庁にて仮想通貨交換業者登録を受ける必要があります。

そのため、楽天としては運営体制を刷新してイチから立ち上げ直すものと思われます。

みんなのビットコイン買収額と株式譲渡日程

株式の取得金額は2億6,500万円と発表されています。

これはかなりお買い得なんじゃないかと思いますね。

やはり同じように「安い」と感じている声もチラホラ出ています。

そして、株式譲渡予定日は10月1日になります。
ここからどれくらいのスピード感でリリースしていくのか注目ですね!

楽天の参入について仮想通貨ユーザーの反応は?

楽天参入のニュースは、Twitterなどでも多くの方々が反応されていました。
それほど注目度の高いニュースである、ということでしょう。

そして、以前当ブログでもご紹介させていただいた、こぺるさん(@coperu100)のブログ『こぺる100番台』でも取り上げられています。

こぺるさんをご存知ですか?リップルの情報を追うならチェックしたい人なので紹介します突然ですが、こぺる100番台というブログで毎回密度の濃い記事を生産されている「こぺるさん(@coperu100)」をご存知でしょうか? ...

こぺるさんのブログでは、必ず筆者の深い知見に基づくオピニオン(主観)も入れられており、個人的にはストレートニュースを読むよりもタメになるのでオススメだったりします!

楽天はグループ会社の楽天証券にて200万人のユーザーを抱えており、楽天証券の既存ユーザーの利用をしてもらえる等、かなりの相乗効果があるものと見ています。

今後、楽天がどのようにブロックチェーン事業や証券と関わりを持たせていくのか注目していきたいですね!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ