おすすめ取引所

仮想通貨取引所Liquidの評判は?手数料・特徴・口座開設まとめ

2018年9月に取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)から、取引所Liquidへリニューアルされました。

文字通り「リニューアル」なので、名称が変わっただけではなく実装されているシステムにも大きな改善がなされています。

国内での知名度は、まだそこまで高くはないですが、実は取引所QUOINEXはアジア圏最大規模の取引所であり、Liquidに生まれ変わったことによって、どういったパワーアップが見られるのかを詳しく解説していきたいと思います。

仮想通貨取引所Liquidとは?

Liquidトップ

仮想通貨取引所Liquidの運営会社

運営会社 QUOINE株式会社
資本金 20億円(資本準備金を含む)
代表取締役社長 栢森 加里矢
​設立日 ​2014年11月
公式サイト https://www.liquid.com/ja/

LiquidはQUOINE株式会社​が運営している取引所で、もちろん金融庁認可済みの仮想通貨取引所です。

QUOINE株式会社

QUOINE株式会社はもともとフィンテックビジネスを展開している会社で、シンガポールにグローバル事業開発部を置いており、Liquidの他にもうひとつQRYPTOS(クリプトス)という取引所も運営しています。

ワタル

資本金20億はかなりすごいですよね。運営会社の資本面は安心できます。

Liquidはビットコインの出来高が国内No.1

国内取引所出来高ランキング出典:Bitcoin日本語情報サイト

こちらのランキングの通り、Liquidは国内取引所のビットコイン出来高が断トツでNo.1です。(※2018年11月16日現在)

ワタル

つまり、国内でもっともビットコインの取引で利用されている取引所ということです。

Liquidは東京都千代田区に本社をおく国内取引所ですが、前身のQUOINEX(コインエクスチェンジ)はシンガポールで設立された取引所でした。

そのため、他の国内取引所と異なり、グローバル志向が非常に強く、アジア全体で仮想通貨系のビジネスを展開しているので海外の人でも口座開設ができます。

ビットコインの出来高の多さは、海外の人の利用も含まれています。日本だけではなく国際的に見ても人気の高い取引所と言えます。

仮想通貨取引所Liquidの特徴

セキュリティが高く安心して利用できる

Liquidセキュリティ

Liquidは金融庁による認可「第一号」の取引所です。
これは何を意味しているかというと、それだけセキュリティ意識が高いということが分かりますよね。

なんと、ユーザーの仮想通貨を100%コールドウォレットで管理しています。

コールドウォレットとは?

インターネットにつながっていない環境で仮想通貨を保管するウォレット。
ネットにつながっていない=ハッキングリスクが皆無ということを意味しており、非常に強固なセキュリティとなります。

各種ウォレットのカテゴリーや、それぞれの安心度はこちらの記事でまとめています。

仮想通貨のウォレット4種類を徹底解説!それぞれの使い方やアプリも紹介仮想通貨を持ち始めて、ある程度慣れてきた方は次に「ウォレット」の利用を検討していきましょう。 ウォレットにはいくつかの種類...

コールドウォレットに保管を徹底しているLiquidは、ハッキングリスクを最小限に押さえている取引所といえます。その分、出金依頼から完了までの時間が3営業日必要で国内取引所の中では時間がかなりかかります。

ワタル

安全に保管してもらえることは間違いなく取引所選びの最重要ポイントですね。

取引手数料が無料、スプレッドも狭い

Liquid手数料一覧

Liquidは、取引手数料が無料であることに加えて、入金および送金の手数料も無料というすばらしい取引所です。

ワタル

送金の手数料も無料という取引所はめずらしいので本当に助かります。

さらにはスプレッド(売値と買値の価格差)もかなり狭いです。

こちらに国内の主要取引所にて発生するすべての手数料を比較していますが、Liquidは公平に比較して手数料の安さはトップクラスと言えますよ。

仮想通貨の国内取引所で手数料が本当に安いのはどこ?徹底的に比較したよ仮想通貨の取引所において、「手数料」というのは超重要な選定条件です。 手数料と言ってもいろいろあって、 取引手数料 ...

通貨ペアが52種類と豊富

通貨ペアの多さは国内No.1だと思います。

基本的に、国内取引所は円建てで取引を行いますよね?
なのでBTC/JPYが一般的な取引ペアだと思うのですが、Liquidは法定通貨も10種類対応しています。

  • JPY(円)
  • USD(米ドル)
  • HKD(香港ドル)
  • SGD(シンガポールドル)
  • AUD(オーストラリアドル)
  • CNY(人民元)
  • INR(インドルピー)
  • EUR(ユーロ)
  • PHP(フィリピンペソ)
  • IDR(インドネシアルピア)

さすがアジア圏を中心にグローバル展開しているだけありますよね。

JPY(円)ペアで取引できる仮想通貨はこちらです。

  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • DASH(ダッシュ)
  • ONT(オントロジー)
  • UBTC(ユナイテッドビットコイン)
  • QASH(キャッシュ)
  • RKT(ロックトークン)
  • QTUM(クアンタム)
  • NEO(ネオ)

かなり豊富です。Liquidでしか取り扱いしていない通貨も多いので、口座を開いておく価値は十分にあります。

ちなみに、今(11月16日現在)Liquidで取り扱いしているマイナー通貨を見に行ったら…

Liquid通貨ペア
ワタル

UBTCとRKTが上がりすぎてて草

UBTCが約40倍、RKTが約16倍も上昇していました。ヤバすぎw
マイナーコインはこういった上昇が多々ありますので、それを逃さないために取り扱いしている取引所を持っておくことはオススメです。

APIに連携しやすい・応用が効く

Liquid API画面

LiquidAPIの機能が国内取引所の中でも特に充実しています。

そのため、国内取引所の中ではもっとも自由に自動売買botを作成することができると言えます。

ただ、APIのドキュメント(説明書)が英語にしか対応していないことから、トレードbot作成の中級者以上の方々が現状もっともAPI連携を利用している取引所になっていますね。

ワタル

botはこれからもっと流行るだろうから日本語対応してほしいね。

スマホアプリが超使いやすい

Liquidライト版

Liquidは、スマホアプリが非常に使いやすくて優秀です。

2つのアプリが用意されていますが、基本的には『Liquidライト版』がオススメです。

ライト版はシンプルかつ必要な機能がそろっていて、価格の推移やポートフォリオを円グラフで表示など見た目が分かりやすいのと、入出金や取引をほとんどワンタップで切り替えられる簡単さを持ち併せています。

仮想通貨取引所Liquidアプリ版が便利!入出金・取引・ポートフォリオを解説ビットコインの取引量が国内No.1を誇るLiquidですが、スマホアプリの使い勝手・利便性もバツグンなのはご存知でしょうか? 仮想...
ワタル

スマホだけで全然トレードできます。オススメ!

Liquid by Quoineライト版

Liquid by Quoineライト版
開発元:QUOINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

仮想通貨取引所Liquidのパワーアップした機能

Liquidグレードアップ

取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)からリニューアルされたことによって、Liquidが新しい付加価値として機能追加を実装しています。

マルチマーケットオーダー

マルチマーケットオーダーとは、複数の取引所の価格差をなくす機能です。

例えば、現在では韓国でのビットコイン価格と日本のビットコイン価格が異なります。
それどころか、日本国内ですら取引所によってビットコインの価格が異なりますよね?

マルチマーケットオーダーが実装されることによって、世界中で単一のオーダーブックを見ながら注文することが可能になり、仮想通貨の課題であった流動性の問題やスプレッドの幅を大幅に解決します。

オーダーブックが集約することで、取引量の母数が圧倒的に膨らみ、大口投資家による影響が小さくなります。

その結果、価格操作が難しくなり価格の安定につながる期待が強くなるわけなんですね。

仮想通貨Lending App

仮想通貨Lending App機能は、顧客が保有している仮想通貨を有償で貸付できるという機能です。

こちら仮想通貨の貸付サービスは、すでにbitbankGMOコインも実施していますね。

ワタル

仮想通貨を長期で保有しようとされている方にオススメの機能ですね。

QASHユーティリティ

仮想通貨QASHは、QUOINE株式会社が発行している独自トークンです。

そのトークンを有意義に活用するために、QASHを持っている人は取引手数料が割引されたり、Liquidのコミュニティ内投票などに利用できるようになります。

イメージとしては、Binanceが発行しているBNBトークンに近いかもしれません。

ワタル

今後の使い道が増えれば価値も上がる期待が大きくなりますね。

仮想通貨取引所Liquidの口座開設方法

最後にLiquidの口座開設方法について、図解で説明していきます。

まずはLiquidトップページにアクセスして「新規登録」へ進んでください。

Liquidトップページ

続いて、居住国の選択になります。日本にお住まいの方はそのまま「次へ」でOKです。

Liquid居住国選択

メールアドレスとパスワードを入力してください。
その後、下に2ヶ所のチェックボックスがありますので、そちらにもチェックを入れます。

Liquidアカウント登録

そのまま下にスクロールしていただき、氏名、生年月日、性別、国籍を入力していきます。

Liquid氏名、生年月日、性別、国籍の入力

さらにスクロールして、住所と電話番号、そして職業選択をします。

Liquid住所、電話番号、職業選択

財務情報を項目に沿って埋めていただき、「次へ」をクリックしてください。

Liquid財務情報

最後に、入力内容の確認と各チェックボックスにチェックを入れて「次へ」進んでください。

Liquid入力内容確認

確認のメールがLiquidから届いているので、「登録を確認」をクリックしましょう。

Liquid確認メール

Liquidのログイン画面に移動しますので、メールアドレスとパスワード(最初から自動で入ってます)を確認のうえログインしてください。

Liquidログイン

最後に、右上のメニューから本人確認書類とご自身の写真のアップロードを行います。

Liquidメニュー

本人確認書類は、「運転免許証」か「パスポート」がオススメです。

Liquid本人確認書類アップ

こちらに自撮り写真を上げます。この時、背景は無地を指定されているので白い壁の前などで撮影しましょう。

Liquidセルフィー画像

これですべての登録が完了しました。
Liquidより本人確認のハガキが届くので、必ず受け取ってくださいね。

ワタル

Liquidは自信を持ってオススメできるくらい質の高い取引所だと思います。口座開設を推奨です!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

ビットコインFXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ