法規制/税金

仮想通貨の確定申告はGuardianに全任せ!サービス内容や料金・特徴など解説

年末に差し掛かり、そろそろ税金対策や確定申告の準備を進め始める時期だと思います。

もちろん、仮想通貨で利益を出した分も納税が義務づけられていますから、今までの取引履歴や仮想通貨決済履歴などから損益計算を行い、20万円以上の場合は確定申告が必要になります。

ただね…

ワタル

仮想通貨の損益計算がめっちゃ複雑すぎてめんどくさい!

そうなんです。これが超ややこしくて、もはや発狂したくなるレベル。これ自分でやるのはかなり無理ゲーです。

そんな超めんどくさい「損益計算」「確定申告書類の作成」まで、要はすべてを任せられるサービスがあります。

特にはじめて仮想通貨の確定申告をする!という人は、やり方を覚えるという意味も含めて利用をしてみるのは十分すぎるほど有りなので紹介したいと思います。

仮想通貨税務のプロが対応「Guardian」とは?

Guardianとは

Guardianは、仮想通貨の税務に精通した専門的なプロの税理士が確定申告までの準備をフルサポートしてくれるというサービスです。

仮想通貨の税金ルールは大丈夫?課税の対象になる3つのパターンを解説2017年にブームとも呼べる盛り上がりを見せた仮想通貨への投資。 それを見て、2018年に入ってから「仮想通貨投資を始めた!」とい...

こちらの記事で詳しく紹介していますが、仮想通貨の税金計算は本当に複雑なんですよね。
損益計算方法にはいくつか種類が存在し、税額も異なります。もっと言うと収支計算書や確定申告書の作成方法も、投資家によって異なるんです。

そのため、本当に基礎知識のない素人が確定申告を行うと、

  • 多めに納税してしまい、損をする可能性がある
  • 書類に不備があり、行政担当者から調査・注意指導を受ける

という可能性が大いにあります。
なので、自身の損益管理や計算方法にあまり自信のない方だったり、はじめて仮想通貨で確定申告を行うという方は、ここをケチらずにプロに任せることは実は安い投資で済みます。

ワタル

毎年お願いするのではなく、1回やってもらって「やり方を一緒に覚える」ことが最もかしこい使い方です。

Guardianのサービス内容・特徴

仮想通貨の税務知識に精通した税理士が対応

Guardianの特徴①

先ほど記載したとおり、仮想通貨の計算は非常に複雑なので、プロの税理士でも「仮想通貨の税務処理に専門的な見解を持っているか」はまた別の話になってきます。

ワタル

税理士にお願いするとしても、「仮想通貨の税務処理」ができる人は限られているってことね。

お察しのとおり、Guardian税理士の中でも特に「仮想通貨」に精通した税理士を厳選しているので、その点バッチリです。

さらにGuardianは、必要な書類の提出からサービス完了までのやり取りをオンラインで利用可能ネットさえ繋がっていればOKという強みがあります。
忙しい時に、わざわざ時間を空けて会いに行く、といった手間が不要なのも魅力のひとつですよね。

仮想通貨の複雑な計算から確定申告書の作成まで全部サポート

Guardianの特徴②

仮想通貨の確定申告を行うにあたってめんどくさい工程となるのは、

  • 仮想通貨の税金計算
  • 確定申告の手続きに関する書類作成

もう間違いなく、この2つです。

Guardianでは「仮想通貨の所得の計算」から「確定申告書の作成」までをフルサポートしてくれるのは最大の強みと言えるでしょう。

ワタル

絶望的に時間がかかる作業をすべて委託できるのは本当にありがたい。

国内・海外の取引所対応率はナンバー1

Guardianの特徴③

Guardianでは、仮想通貨の取引履歴を「CSVファイル」や「Excelファイル」でダウンロードできる取引所であれば、国内·国外問わず全ての取引所に対応しています。

具体的に言うと、世界37カ所の取引所が対象になっています。
正直、ほぼすべてのユーザーが使用している取引所はカバーしているんじゃないかと思いますのでご安心ください。

Guardianが対応している取引所

仮想通貨の取引は、通貨もたくさんの種類があったり、取引方法も現物・FXがあったりするので、本当にややこしいです。
そういった点もすべて込み込みで対応してもらうことができます。

取引履歴のダウンロード方法が不明の場合、担当税理士から細かくアドバイスを受けることもできます。
また、上記にある取引所以外でも、取引履歴の確認・データの作成方法について相談することも可能です。

ワタル

つまり、対象外の取引所があっても取引履歴やデータ作成方法の相談は承ってくれるってこと!

Guardianの料金プラン

Guardianの料金プラン

Guardianの特徴として、それぞれのスキルに応じてプランが用意されている点です。

  • 自分で損益計算ができる人 →確定申告の書類作成のみ依頼で50,000円
  • 確定申告の書類作成だけ自分でやる人 →損益計算書の作成のみ依頼で80,000円
  • 両方ともできない人 →損益計算書+確定申告書の作成で118,000円

ちなみに、税理士報酬の相場は記帳代行(会計ソフトの入力)のみで10万円〜25万円くらいになります。

ワタル

この価格はかなり良心的です。本当に安いと思う。

Guardianが低価格で提供できる理由

2017年は仮想通貨バブルと呼ばれ、多くの人が仮想通貨で儲けた年ですよね。

そのため、2017年度の仮想通貨利益による確定申告件数が爆増していて、『仮想通貨の損益計算』『確定申告書の作成サービス』への需要が高まったわけです。

言わずもがな、Guardianは2017年度の仮想通貨に関する確定申告サポート実績がナンバー1であり、その時の成功体験やノウハウを活かして「業務効率化」に成功。だから料金も安く提供できるということなんです。

Guardian低価格の理由

知名度の高い会計事務所でも、仮想通貨税務に関する知識・計算ツールを持っていない場合が多いです。

その結果、損益計算に時間と大量の資料が必要となるため、追加料金を含めて20万円前後となることは珍しくありません。

繰り返しますが、これほどの低価格で仮想通貨の税金について完全にお任せできるのは、Guardianだからこそ!です。

Guardianのサービス内訳

サービス 損益計算 書類作成 フルサポート
取引履歴の損益計算 ×
取引履歴の不備チェック ×
確定申告書への税理士署名 ×
メール相談対応

税理士署名とは?

確定申告書の税理士署名欄に、内容に誤りがないことの証明として担当税理士名の署名・捺印をしてもらうことのできるサービスです。
署名がなくても税申告を行うことは可能ですが、万一の税務調査の際に税理士が収支報告について説明してくれるという安心感があります。

上記のサービス内容はすべてオンライン上で完結することができます。

事務所まで足を運んだり、税理士の訪問を受けたりする必要がないので、かなりストレスフリーで物事を進めることができますよね。

確定申告をしなければ「追徴課税」を取られる

仮想通貨の税金ルール把握してますか?税金の対象になる3つのパターンを解説」という記事でも紹介していますが、仮想通貨取引の利益は『雑所得』に分類されます。

個人でも20万円を超える利益が出たら確定申告をして納税しないと追徴課税を課されます。これは絶対に逃れません。

ワタル

間違っても脱税はしないように!税務署はすべての取引履歴を確認できるため、まず確実にバレます。

ワタル

2017年度で申告せずに追加徴税通知が来たパターンですね…。かなりバズってました。

こうなるので、必ず納税しましょうね…。

自信がない方は、Guardianを利用して、全部お任せしちゃいましょう。安いです。

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

ビットコインFXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...