仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
おすすめ通貨

FET(フェチコイン)がおもしろい!フェチは欠点さえも魅力に変える

あなたの「フェチ」を価値に変えませんか?

ものすごいインパクトのあるキャッチフレーズですが、本気で取り組んでいるプロジェクト。それが「FET(フェチコイン)」です。

2018年8月10日に『CoinExchange』への上場も決まっているので注目したいプロジェクトのひとつですよ。

FET(フェチコイン)とは?

FET(フェチコイン)は『あなたのコンプレックスが、誰かにとっての価値になる』を理念として、フェチを中心としたマッチングやコミュニティの形成、欲求の充実を応援するというプロジェクトです。

「あなたのコンプレックスが、誰かにとっての価値になる」……フェチは欠点さえも魅力に変える力を持っています。fetish coin(FET) は、そんなフェチに関するコンテンツの取引およびチップのための暗号通貨です。全世界のフェチを持つ人々に行き渡り、そして価格が安定するように、充分な枚数を発行しています。また、軽視されることが多い女性のフェチの応援も行います。
フェチコイン公式サイトより引用

概要をまとめると、

  • 皆様のフェチ欲求の充実を支援する
  • 皆様の身体の美点や、あるいは欠点までをもフェチという観点で価値ある資源とし、またその報酬により皆様の生活のより一層の充実を支援する

こちらの2点を目指して開発していくプロジェクトになります。
それでは、具体的にどんな特徴があって、どんなプロジェクトプランになるの?という部分を見て行きます。

FET(フェチコイン)のスペック

名称 FET(フェチコイン)
仕様 ERC223
発行枚数 1,000億枚
実装機能 burn機能、トークン回収、トークン凍結、トークン預託機能、rain 機能など
運営法人 fetiquette OU(登記情報はこちら)

仕様の「ERC223」とは?

ERC223=「Ethereum Request for Comments223」と言って、簡単に説明すると【Ethereum(イーサリアム)ベースのトークン規格】である、ということです。
現在、広く普及しているのが「ERC20」という規格ですが、その改良版が「ERC223」と理解して問題ないかと思います。

イーサリアムベースの通貨なので、保管は『MyEtherWallet(マイイーサウォレット)』で行いましょう!

運営チームの保有は20%

開発費にかかる内訳もかなり詳細に開示されており、運営側の見えなくなっている部分が少ないですよね。
透明性が高くて信用できる印象を受けました。

運営チームが保有しているのは全体の20%で、その他の費用としては以下のようにしっかり開示されています。

市場 皆様や取引所にて保持いただくコイン量
広告 AirDrop、フェチアンケート、Webサービス等での無料配布
賞金 デザイン、コミュニティ運営、翻訳、広告などの協力者への報酬
基金 寄付等による社会への貢献、イベント運営などの補助、開発費用補助
開発 開発者保持分(取引所上場後、1年間ロックアップ)

それぞれの使用用途も明確に示されているのが安心ですね。

FET(フェチコイン)が提供するサービスとは?

FET(フェチコイン)プロジェクトでは、主にフェチコンテンツのマッチング、ビデオストリーミング、販売が可能なWebサイトをサービスとして提供します。
また、フェチ活動を安心安全に行える場(フェチ展など)の提供を検討中とのことです。

それぞれの詳細を見てみましょう。

フェチマッチング

フェチマッチングは、フェチコンテンツ消費者が「自分だけのフェチコンテンツ」を手に入れられるようにするための仕組みです。

消費者側が、「こんなコンテンツが欲しい!」という要求をリクエストとして発行することができます。
そのリクエストを受けたコンテンツ提供側が、自分が提供可能なものを選び、コンテンツを提供して規定の報酬をFET(フェチコイン)で受け取ることができるという仕組みなんですね。

公式フェチチャンネル


公式フェチチャンネルは、フェチコインプロジェクトでモデルを募集し、そのモデルによるフェチコンテンツの提供を行うものです。
これは、少数派(マニアック)なフェチを持つ人ほどほどフェチコンテンツの提供者も少ないという問題点を解決するための試みになるようです。

また、一般の機材などでは撮影が難しい特殊なフェチにも公式フェチチャンネルで対応し、高品質かつ多様なフェチコンテンツの提供を実現するとのこと。

これはすごい…。イメージとしては、アイドルとかが配信して多大な人気を誇っているSHOWROOMのフェチ版という感じかと思います。

フェチポートフォリオ

フェチポートフォリオは、消費者側が購入した、あるいはチップを支払った対象のフェチジャンルを自動判別し、フェチジャンル別のFET(フェチコイン)使用量をグラフとして表示するものです。

このポートフォリオを実現することにより、これまで非常に難しかった「フェチの可視化」が可能になります。

フェチポートフォリオが似たユーザーをレコメンドすることで、仲間が作りやすい環境になるというわけですね。

ブロックチェーンの仕組みを活かした防犯機能

Webサービス上に投稿されたフェチコンテンツをブロックチェーンに記録することで、フェチコンテンツが不正に外部サイトに転載された場合には、フェチコインプロジェクトが提供するツールにて転載者を特定し、刑事告発などを行うことができるようになります。

ブロックチェーン技術を活用した、フェチコンテンツを保護するための取り組みになるわけなんですよね。

実は、フェチコンテンツというのは無断転載によって不当な利益を上げている業者が多発しているらしいんです。
常にコンテンツ提供者のモデルさんは、複製・転売・転載という驚異にさらされている現実があり、それらを撲滅し保護する、という使命を掲げています。

フェチ活動を安心安全に行える場(フェチ展など)の提供

フェチにおける安全安心なコミュニケーションを行うための場所を提供する、というものです。

公式フェチチャンネルで調達したフェチ関連機器やグッズを設置し、匿名性を確保した上で、欠損BARや太ももカフェといったようなイベントを自由に利用できるような空間を提供しようとしています。

こういった専門的でクローズドな空間があることによって、様々なフェチを持っている人への偏見や後ろめたさを排除し、支援されてにくいようなフェチも積極的に取り扱われるようになるので、そのメリットを享受されるような人はたくさんいるのではないでしょうか。

FET(フェチコイン)のロードマップ

ロードマップとしては、以下のように進むようです。

時期 実施事項
2018. Q1 ・fetish coin project 立ち上げ
・コミュニティ形成
・公式Webサイト、ホワイトペーパーの公開、英語対応
・Airdrop第一弾実施
2018. Q2 ・AirDrop第二弾実施
・FETイベント開催
・法人化
・Webサービスのモック公開
・取引所上場交渉(可能ならこの時点で上場)
2018. Q3 ・取引所上場
・Webサービスβ版公開(一般公開)
2018. Q4 ・Webサービス本公開
2019. Q1 ・Webサービス改善
・フェチ展計画

注目のWebサービスやフェチ展などは、これからが本格的な始動です。
ロードマップにあるように、上場などは予定通りクリアしているので、かなり予定通りにプロジェクトは進行していると言えるのではないでしょうか。

FET(フェチコイン)のSNSやコミュニティを押さえておこう

フェチコインが少しでも気になってる方は、SNSやコミュニティはなるべくフォローや参加をしたほうがいいですよ。

エアドロップの告知も見逃さなくて済みます!

Airdrop(エアドロップ)とは?意味やもらう方法を解説しますAirdrop(エアドロップ)、読んで字のごとく「空から降ってくる」。 仮想通貨が配布されて、それを無料でもらえる。というサービスのこ...

チェック推奨のアカウントをまとめておきますね!

SNS リンク先
Twitter フェチコイン公式Twitter
ディスコード フェチコイン公式チャンネル

この2つのフォロー、チャンネル参加は推奨です。

FET(フェチコイン)を買える取引所と買い方について

フェチコインは、国内取引所では買えない通貨となっています。

現時点では、海外取引所のStocks.Exchangeにて取り扱いがあります。

さらに、2018年8月10日にはCoinExchangeへの上場も決まっています。ノッテますね!

いずれかの取引所で購入可能ですが、値上がりしやすいのは上場直後かと思います。
そのため、CoinExchangeへの上場直後はかなり期待できるのではないでしょうか。

海外取引所は、日本円の入金ができません。
そのため国内取引所からBTCを送金する必要があるんですね。

海外取引所への入金方法については、以下の記事で丁寧に解説しています。

海外取引所への入金方法ガイド!初心者でも分かりやすい実例つきで解説します仮想通貨への投資を始めたい!と考えている方は、「海外取引所」の利用も視野に入れることをオススメします。 理由としては、取扱いの通貨...

FET(フェチコイン)まとめ

やはり、フェチコインプロジェクトの最大の魅力は、「世の中の偏見を無くして、フェチを価値に変える」という思想にあるのではないでしょうか。

フェチコインのホワイトペーパーの冒頭にこんな一文がありました。

日本は「萌え」文化発祥の地ということもあり、フェチに対して比較的寛容な国であるように思われます。
しかし現状では「フェチ=恥ずかしい」という認識を持ち、フェチを隠して日々の生活を送っている人が存在します。フェチを隠すとは、本当の自分を隠して生きていることに相違ありません。
フェチとは、その人が愛してやまないもの、そして、その人にとっての根源となるものです。他者から見ると「ちょっとした好み」程度に見えるものであっても、フェチ当人にとっては、その欲求を満たせない人生など何の価値もありません。
この点については、フェチを持つ皆様ならご賛同いただけるのではないでしょうか。FETは、皆様のようなフェチを持つ方々の日々の充実を目標の1つとして開発しています。

内容は、一部を抜粋したものですが僕はこういった固定概念を壊して健全にしたいというプロジェクトは、個人的にとてもワクワクします。

このプロジェクトの代表も「心臓フェチ」だそうです。
僕はフェチの良さそのものは正直あまりわからない部類ですが、一方でフェチに対して偏見や羞恥心を持つ必要はないと思っている派でもあります。

Webサービスが無事にローンチして、どれだけの人が賛同するのか本当に見ものですよね!
伸びしろは十分に感じるプロジェクトだと思っています。

ぜひ、一緒に今後のフェチコインの行方をチェックしていきましょう!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ