おすすめ通貨

イーサリアム(ETH)とは?特徴や将来性・チャートなど徹底まとめ

はじめに、僕はかなりのイーサリアム推しで、その魅力や将来性に惚れ込んでいます。

イーサリアムという名前は仮想通貨にかじっている人であれば、みなさん聞いたことはあると思いますが、じゃあ「イーサリアムってなに?」と聞かれて答えられる人は多くないと感じています。

イーサリアムの魅力をコンパクトにまとめると、以下が焦点となるでしょう。

  • スマートコントラクト
  • DApps(分散型アプリケーション)
  • 大企業との提携

これらがイーサリアムの唯一無二とも言える特徴であり、ワクワクさせる技術です。

イーサリアムとは?基本情報まとめ

名称 Ethereum(イーサリアム)
通貨単位 ETH(イーサ)
公開日 2015年7月30日
発行枚数 91,786,546枚
公式サイト https://www.ethereum.org/
ホワイトペーパー 日本語版リンク
SNS 公式Twitter

イーサリアムはプラットフォームの場として作られたシステムで、その基軸通貨として作られたのがETH(イーサ)なのです。

ワタル

よくICOのトークンで「ERC20」と見ることがあるけど、これはイーサリアムの規格を使用しているということです。

ですから、厳密に言うとイーサリアムそのものは通貨ではないので、ビットコイン等とはまた違った種類のモノになるんですよね。

 

現在、時価総額は3位となっています。

ワタル

最近までは2位だったけどリップルに抜かれたね。

イーサリアムは開発が予定よりも遅れており、その影響で価格が下がってしまっている状況です。

が、開発が進んでいくごとに、イーサリアムは独自性の高いテクノロジーが評価されていくであろうと僕は考えています。

イーサリアムのチャート・価格推移

イーサリアムチャート

こちら2017年1月からのチャートになります。

見てもらえればわかるとおり、イーサリアムは2017年から2018年にかけて急成長しました。
2017年1月からピーク時は140倍になっているわけです。

ただ、そこから上述のとおり、開発が遅れたり…といろいろあり、下がってきていて現在は10,000円程度になっていますが、それでも2017年から保有している人は資産10倍をキープしている計算です。

ワタル

そして、イーサリムは現在が底と見ています。

なので、僕はイーサリムを買い増ししています。

イーサリアムの特徴

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、簡単に言うと「プログラム」のことです。

それも仮想通貨やブロックチェーンの技術を使って契約に関することを自動で行ってしまおう、という優れたプログラムなんですね。

スマートコントラクトの流れ
ビットコインなどで用いるブロックチェーンは、取引内容を記録する台帳のようなもので、その後の契約実行には人が行う必要があります。

スマートコントラクト技術は、取引を行うだけでなく契約内容まで記録できるため、契約を自動でできるようになりました。ですので、労力とコストを大幅に削減させることができるようになるわけなんですね。

実際にスマートコントラクトは、様々な業界での実用性が期待されています。
一番わかりやすいところでは、仲介業者を挟んで報酬を支払うような業界は、スマートコントラクトにより契約内容を記録できるようになるため、すべてダイレクトで支払いができるようになるでしょう。

今後あらゆるシーンに普及される可能性はかなり高いと思っています。

DApps(分散型アプリケーション)

DAppsイメージ図
そして、DApps(分散型アプリケーション)は仮想通貨の将来大きく関わると言われています。

DAppsとは、Decentralized Applications(分散型アプリケーション)の略語で、『非中央集権的なアプリケーション』のことを指しています。

意味わかりませんよね?もう少し分解して説明します。

たとえば、Facebook。これもひとつのアプリケーションですがFacbook社という中央管理者が存在しているわけですね。
アプリのアップデートや改善もFacebook社が独自判断で進めています。

一方で、こういった中央管理者が存在せずに自動オペレーションで稼働するアプリケーションがDAppsです。
そしてアップデートや改善はユーザーの同意がなければいけないという仕組みなんですね。

さらに詳しく知りたい方は『仮想通貨ゲームで有名なDAppsとは?将来性やメリット・デメリットなどを解説』をご参照ください。

仮想通貨ゲームで有名なDAppsとは?将来性やメリット・デメリットを解説仮想通貨の情報に触れていると『DApps』というキーワードは必ず目にしたことありますよね? 「名前だけは見たことあるけど、詳しいこ...

今後、多くのサービスがDApps(分散型アプリケーション)化していけば、国家と資本主義という近代の枠組みを越えた、新たな経済が生まれていくとまで予想されていますよ。

そして、イーサリアムはもちろんDAppsのプラットフォームで、すでにたくさんの活用事例が生まれているんです。

DApps活用事例
  • ゲーム(イーサエモン、イーサタウン等)
  • 分散型ストレージ(シアコイン)
  • 分散型取引所(イーサデルタ)
  • 予測市場(仮想通貨・Auger)
  • 身分証明

大企業との提携

イーサリアムの技術は様々な分野の大企業からも非常に注目されています。

2017年2月に企業レベルでイーサリアムのスマートコントラクトの仕組みをビジネスに活用していくことを目指して「イーサリアム企業連合(EEA)」が設立されているんですね。

EEAは、Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)の略です。

なにがスゴイって、このイーサリアム企業連合に加盟しているメンツが半端じゃないんです。

  • JPモルガン
  • マイクロソフト
  • インテル
  • アクセンチュア
  • トヨタ自動車
  • 三菱UFJ銀行
  • KDDI

こちらはほんの一部で150社以上の加盟があります。
超一流の大企業が集いに集って、イーサリアムの技術を実験しながら標準化を目指しているんですよね。

当然ながら、スマートコントラクトの実用性が増せば増すほど、イーサリアムの価値は上がって行くものと思います。
将来性が高い!と考えているのはこういった理由からです。

イーサリアムの将来性は有望

イーサリアム

これまで述べたとおりの理由から、僕はイーサリアムは長期的に見て価値が上がって行くと思っています。

「長期的に見て」と付けている理由は、説明のとおりイーサリアムはプラットフォームであり、技術が普及していくのには相応の準備と時間が必要であるためです。

ただ、現状の仮想通貨を見渡してもイーサリアムの代替となるような通貨やトークンはありません。
むしろ多くのICOは、イーサリアム規格を使いトークンを発行しているんです。

それだけイーサリアムは時代の先へ行っている技術である、と言えますね。

開発がどれくらいのスピード感で進むか等の課題はありますが、長期的に見たときには「現在の価値」の状態でイーサリアムを保有しておくというのはすごく有りだと思います。

イーサリアムを購入できるオススメ取引所

BITPOINT

BITPOINT

国内取引所であれば、BITPOINTが断トツでおすすめです。

なぜなら、イーサリムの購入から出金するところまですべての手数料が無料で利用できる取引所だからです。

自動売買機能であったり、損益計算ツールなどBITPOINTにしか搭載されていない機能もあるので使いやすいです。

BITPOINTの評判は?特徴・メリット・手数料・口座開設まとめ現在利用者が急増中の取引所が『BITPOINT』です。 多くの取引所が存在している中で、BITPOINTにしかない特徴があり、取引...

BitMEXでレバレッジ取引

BitMEX

イーサリアムでトレードするのであればBitMEXでレバレッジを効かせて短期で稼ぐというのもオススメです。

基本的なチャートの動きはビットコインに引っ張られることが多いので、傾向さえつかめれば非常に稼ぎやすいんですよね。

少ない金額でも早く稼ぎたい!という方は、BitMEXを推したいです。

仮想通貨FXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

仮想通貨FXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ