おすすめ通貨

EOS(イオス)とは?特徴や将来の可能性・チャートなど徹底まとめ

仮想通貨EOS(イオス)は、イーサリアムを超えるのでは?と評価されるほど将来に期待されている通貨です。

なんと言っても「トランザクション処理の早さ」「手数料が無料」を大きな特徴とするEOSプラットフォーム構築を目的に発行されており、将来にとても期待されている通貨のひとつです。

分散型アプリケーションとしてはイーサリアムと類似していますが、機能性ではイーサリアムを凌ぐとまで言われているほどです。

ワタル

今回はそんなEOS(イオス)について詳しく紹介しますね!

EOS(イオス)とは?基本情報まとめ

名称 EOS(イオス)
通貨単位 EOS
公開日 2017年6月26日
発行枚数 1,000,000,000枚
公式サイト https://eos.io
ホワイトペーパー こちら(英語版のみ)
SNS 公式Twitter公式テレグラム

上述のとおり、仮想通貨EOSはイーサリアムのような分散型アプリケーションプラットフォームですが、非常に処理能力が高いなどの特徴をもち、イーサリアムを凌ぐ機能性があると期待されています。

ソフトウェアのEOS.IOを核として開発され、将来的には企業への導入による業務サポートを目指して開発されています。

EOSトークンは、あくまで資金調達手段として作られたトークンとなっており、2018年6月1日の配布終了から48時間後には取引ができなくなる仕組みです。

そのためEOSトークンは決済機能・通貨特有の機能を持っておらず、本来は無価値なものであると言えます。

 

ただし、それでも時価総額は6位となっており、EOSプラットフォームがどれだけ期待されているかが表れています。

ワタル

中にはイーサリアムのアップデート版と評する人もいるくらいなんですよ。

EOS(イオス)のチャート・価格推移

EOSチャート
出典:MORNINGSTAR

こちらが2017年7月からのチャートになります。
2317.74円の最高値を記録している2018年4月29日までは上昇トレンドを続けていましたが、そこを境に下降トレンドに切り替わり現在は617.53円の価値になっています。

ワタル

下がってはいますが、EOSリリース直後から購入している人たちはまだ利益は出せている状況ですね。

とは言え、2018年8月からはずっと500円から700円の間を行き来しているようなヨコヨコの展開となっており、今後また上昇トレンドに転換をするのか、さらに下降するのかがかなり読みにくいチャートと言えます。

ワタル

現在のヨコヨコな展開では、上か下かわかりにくいけどEOSの持っているポテンシャルの高さは間違いないです。

EOS(イオス)の特徴

処理能力が非常に高い

EOSは非常に高い処理能力を有しており、非同期通信との並行処理によって0.5秒に数百万件の取引処理を実現しているプラットフォームです。

ちなみに、イーサリアムは1秒間に30件前後の取引処理ですので、EOSの処理能力がどれだけ優れているかが分かるでしょう。

ワタル

なんと世界で1番使われているクレジットカードの「VISA」よりも高速なんですよ。

この性能によって、ビットコインやイーサリアムなどが抱える、スケーラビリティ問題と呼ばれる取引速度の低下問題をEOSはクリアしていると言えます。

スケーラビリティ問題とは?

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨が取引通貨として使用される場面が増えることで、データ処理が追い付かなくなってしまう問題のこと。

取引手数料が無料

ビットコインやイーサリアムなどは、既存の金融機関などと比べると取引手数料が安いものの、膨大な量の取引を想定するとその手数料の負担は小さくありません。

その点EOSの他通貨にはない特徴として、取引の手数料が無料という強力な武器があります。

例えば、DAppsのゲームを体験したことがある方なら手数料がどれだけ負担になるか分かるかもしれません。
ガス代と呼ばれる手数料は、DAppsゲームを筆頭に新規参入を妨げる大きな壁になっていますよね。

しかし、EOSは取引手数料が全くかからないため、無料でアプリケーションを利用できるのです。

仮想通貨ゲームで有名なDAppsとは?将来性やメリット・デメリットなどを解説仮想通貨の情報に触れていると『DApps』というキーワードは必ず目にしたことありますよね? 「名前だけは見たことあるけど、詳しいこ...

EOSは手数料が無料で、なおかつ取引処理も速いため、まさに企業での利用に適したプラットフォームなのです。

プラットフォームとしてのEOSを導入することで、分散型アプリの配信・開発・管理を一括して扱うことが可能となっており、EOSの処理能力に依存することになります。

コンセンサスアルゴリズム『DPoS』を採用

EOSのコンセンサスアルゴリズムは、Delegated Proof of Stake(DPoS)という聞きなれない方式を採用しています。

このDPosは、PoS(Proof of Stake)を発展させたものです。

コンセンサスアルゴリズムについては、以下にて詳しく開設してますのでご参照ください。

PoW・PoC・PoS・PoIとは?代表的なコンセンサスアルゴリズムを完全解説します仮想通貨の仕組みを知っていく上で、欠かせないコンセンサスアルゴリズムについて説明していきたいと思います。 紹介するのは、なかでも「...

DPoSはどのような方式なのかと言うと、保有者の中で投票によって承認者を選出したうえで報酬を与えるもので、PoWやPoSと比較しても、作業量や通貨の保有量に左右されないというバランスのとれたマイニング方法と言われています。

ワタル

仮想通貨LISKもDPoSを採用していることで知られていますね!

EOS(イオス)の将来性

EOS

今後、より開発が進み、EOSはさらに有用な機能が実装されていくことがほぼ間違いなく決まっています。

2018年内においてもプラットフォームのアップデートであるEOS.IO1.0の実装などがロードマップに記載されており、実行された場合はさらにEOSトークンの価格が上昇する可能性は十分にあります。

今後、基軸通貨の1つとしてEOSトークンが採用される可能性もあり、もしそうなれば信頼度の高い仮想通貨として取り扱われることになると思います。

また、EOSトークンの配布により集まった資金は、すべてEOS内のアップデートに使用されることから、EOSトークンそのものに機能がないとしても、EOSプラットフォーム上に別の通貨が実装されるケースもあるわけですね。

ワタル

まさにイーサリアムのような使われ方が想像できますね。

いわば期待値のみで時価総額6位となっていることから、本格的にプロジェクトが始動すれば、さらに世界中から期待が寄せられ注目度が上がるのでは?と考えています。

EOS(イオス)を購入できる取引所は?

Binance(バイナンス)

Binance

Binanceは、世界最大規模の取引高を誇る海外取引所です。取引量が多いため、指値も入りやすく非常に使いやすいです。

また、120種類以上の通貨を取り扱っているため、EOS以外の様々なコインを確認することができますよ。

海外取引所Binance(バイナンス)とは?特徴・メリットまとめ「Binance」は世界一の取引量を誇り、大きく儲けを出せるお宝銘柄を見つけるためには必ず開設しておきたい取引所です。 もともとは...

CoinEX

CoinEX

CoinEXは通貨の種類はそこまで多くないものの、非常に使いやすさに定評があります。

また、世界的にめずらしいビットコインキャッシュを基盤通貨としていたり、「CET」という独自通貨の発行など特徴的な海外取引所として人気です。

CoinEXの特徴とは?BCH基盤の海外取引所を詳しく解説します「CoinEX」は、世界的にも珍しい『BCH(ビットコインキャッシュ)』をベース通貨として展開している海外取引所です。 また、独自...

Bitfinex

Bitfinex

Bitfinexは、香港資本の海外大手取引所です。
取引量はTOP10の常連に入るくらいの規模で、63種類の仮想通貨を取り扱いしています。

また、出金先の変更や解除を選択すると5日間のロックがかけられたり、別のIPアドレスからログインをすると24時間のロックがかかるなど、セキュリティがかなり強いので安心できる取引所でもあります。

海外取引所へ送金するオススメの国内取引所

EOSを購入する場合は、海外取引所を利用する必要があります。

その場合は、国内取引所で一度BTC(ビットコイン)を購入して、海外取引所にBTCを送金するという手順を踏むことになります。

ワタル

慣れたらすごく簡単なので食わず嫌いはもったいないよ!

そのため、最後に送金手数料のもっとも安く、というか無料で送金できる国内取引所4つを紹介しておきますね。

この4つの取引所は、送金の手数料が無料です。
手数料はかなり重要ですので、ぜひ送金をするなら上記4つの取引所を利用しましょう。

仮想通貨の国内取引所で手数料が本当に安いのはどこ?徹底的に比較したよ仮想通貨の取引所において、「手数料」というのは超重要な選定条件です。 手数料と言ってもいろいろあって、 取引手数料 ...
世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

ビットコインFXならBitMEX!レバレッジ100倍・借金リスクなし・日本語対応少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ