仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
初心者ガイド

分散型取引所(DEX)とは?誰にでもわかるようにやさしく解説

仮想通貨を語るうえで、「分散型」というキーワードは随所に出てきます。

これはつまり、「中央集権型」を逆説的にした言葉で管理者が不在であることを意味します。

もはや、未来は管理者という概念があらゆるシーンで必要なくなるかもしれません。

ワタル

分散型取引所は管理者のいない取引所であることはわかった。
管理者がいないことで、どのようなメリットがあるのか。もう少し深く見てみようー!

中央集権型取引所とは?

まずは、現存している多くの取引所である「中央集権型」について見ていきましょう。

日本の取引所であるbitbankBITPOINTGMOコインなどはすべて「中央集権型取引所」に該当します。

たとえば、bitbankであればビットバンク株式会社が管理者として運営しているわけですよね。

これは一見すごく安心できるように感じますが、管理者に資金が集中している状態なので、中央管理者がハッキングされてしまうとほぼすべての顧客資産が失われるリスクを抱えています。

中央集権型取引所のフロー図
ワタル

コインチェックのNEM流出や、つい先日のZaifのハッキングがその最たる例だよね。

つまり、取引所のウォレットに仮想通貨を預けておくことは、取引所という名の一企業を完全に信頼し、自らの資産の管理を委任して預けている状態なのです。

そのため、これらの取引所を利用する多くの人はリスクを回避するためにGincoなどのウォレットアプリで、仮想通貨資産を移して保有しているんですよね。

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所=DEXと呼ばれます。DEXとはDecentralized Exchangeの略称なので、DEXで覚えてもらえれば大丈夫です。

上述したとおり、DEXは中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所のことです。
大事なことなのでもう一回言います。「中央管理者が不在で回ってる取引所」です。

中央管理者が存在していないということは、ユーザーそれぞれが自身で資産を管理しながら取引することができるわけですね。

ということは、ハッキングされるリスクが限りなく少なくなるということなんです。

分散型取引所(DEX)のフロー図

しかしデメリットもあります。

現状のDEXは新興取引所であるために、まだまだ流動性が低いという点です。
そうなると、売り注文や買い注文をするたびに手数料がかかるのと、出来高が少ないために板も薄いというデメリットがあります。

ワタル

ただし、これらのデメリットはまだ発展途上だから起こることです。
今後注目が集まってくれば自然と出来高が増加して、解消できる問題だと思っています!

中央集権型と分散型の比較表

これらの点を踏まえて、比較表にしてみました。
こうして表で見てみると、違いがわかりやすいですね!

  中央集権型取引所 分散型取引所
資産管理者 取引所(企業) 自分
ハッキングリスク 高い 低い
身分証明書 必要 不要
売買手数料 少(取引所による) 有(改善する可能性あり)
出来高 多い 少ない(増加する可能性あり)
基軸通貨 法定通貨、BTC、その他 DEXプラットフォーム上の通貨

代表的な分散型取引所

EtherDelta(イーサデルタ)

EtherDelta

イーサリアムプラットフォームを採用しているDEXです。
イーサリアムベースのERC20のトークンペアで取引することが可能であり、基軸通貨もETH(イーサリアム)なので馴染みやすいです。

OpenLedger(オープンレジャー)

OpenLedger

デンマークの取引所であるCrypto Coins Enterprise DenmarkとBitSharesの開発チームによって設立されたDEXです。
BTS(BitShares)プラットフォームを採用しており、BTSブロックチェーン上の通貨を売買することができる取引所となります。

Counterparty(カウンターパーティー)

Counterparty

ビットコイン2.0と呼ばれている注目のDEXです。
Counterpartyの通貨単位は「XCP」という独自トークンを採用しています。

また、ビットコインのブロックチェーン上を利用して、独自にトークンを発行したり、スマートコントラクトの実装もできるといったひとつの経済圏を創るプラットフォームとしての役割も担っています。

Waves Lite Client

Waves Lite Client

Wavesプラットフォームを採用したDEXです。
ウォレット内にDEX機能が実装されているという仕様になっており、JPYやUSDといった法定通貨も取引可能です。

分散型取引所が未来の新しい形となり得るか

日本では、特に取引所のハッキングが大きく取り沙汰されており、取引所のセキュリティーに疑問が持たれることも多いと思います。

そういった中央集権型取引所のハッキングリスクを考えると、分散型取引所(DEX)はこれから更に注目を集めると考えています。

というよりも、「非中央集権」という概念が、仮想通貨市場を中心に世界へ広がりを見せて、「分散型」という管理者不在の型が、未来のすべてにおいて『当たり前の形』に変化していくのではないかと。

ブロックチェーンの技術が発展していく現在、この「分散化」というのがひとつのスタンダードになっていくのだろうと予測しています。

ワタル

未来はどんどん分散化に向かっていくと思う!
仮想通貨のブロックチェーンはそれくらい「変化させる力」を持っているんだよね。

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ