仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
法規制/税金

仮想通貨が金商法の対象になって、初めて「仮想通貨の歴史はスタートした」と言える

本記事を執筆している2018年7月の初頭、金融庁による仮想通貨の規制に『金融証券取引法(金商法)』への適用検討がニュースになっていました。

金融証券取引法(金商法)とは?

金融・資本市場をとりまく環境の変化に対応し、利用者保護ルールの徹底と利用者利便の向上、「貯蓄から投資」に向けての市場機能の確保及び金融・資本市場の国際化への対応を図ることを目指し、2006年6月14日に金融庁によって公布された法律のこと。

7月はじめに行われた『金融証券取引法(金商法)』の適用検討では、金融庁がこの内容を否定したために、残念ながら近い将来すぐに仮想通貨が金商法の対象となることはなさそうです。
しかし、そう遠くない将来に仮想通貨は金商法の対象になる。と予想しています。

その理由は、金商法の対象にせざるを得ないと思っているためですね。
もし金商法の対象になった場合、下記のような変化が起こると考えます。

仮想通貨が金商法の対象になった場合に起こる変化
  • インサイダー取引や不正な取引は規制され、より公平に取引を行えるようになる。
  • 取引所の破綻による仮想通貨の消失(GOX)に怯えることがなくなり、安心して資産を仮想通貨にしておくことが出来るようになる。
  • 税金は分離課税として20%になり、利益を得るために参入する投資家が増えて市場が拡大する。

ちょっと楽観的すぎかな?w
いずれにしても、今後の仮想通貨における重要な法規制となりますので、上記であげた3つの変化をひとつひとつ見ていきましょう。

①インサイダー取引などの不正取引が減少し、公平性が増す

インサイダー取引は日本では金融商品取引法(金商法)により、規制されています。

インサイダー取引とは?

未公開情報を不法に共有・利用して証券市場取引を行い、情報を持たない投資家に損害を与える犯罪的行為をインサイダー取引と言います。
分かりやすく言うと「関係者しか知らない情報を元に、儲けたらダメだよ」ということです。

ただし、現状は仮想通貨に関して、金融商品として該当しないという政府の見解があるためにインサイダー取引が規制対象外となってしまっているんですね。

実際にTwitter等で、ある取引所への上場情報を掴んでいたので大儲けしたという投稿や、取引所の社員からインサイダー(内部)情報を取得したという書き込みがあり一部で問題視されました。

相場は長期的に見た場合、時価総額が上昇すると保有者全員が得をし、下がると全員が損をしますが、時価総額の上下を気にしない短期的な売買で見た場合はゼロサムゲームに近いものになります。

ゼロサムゲームとは?

複数の取引参加者が取引をする中で、全員の損益の合計がゼロとなるような取引や状況のことを指します。
つまり、誰かが儲かれば誰かが損をするような取引をゼロサムゲームと言います。

みんなが知り得ない情報を元に、内部者が得をすると、誰かが損をするという仕組みになるわけなのです。

それが現在は法規制の対象とならないがために、実態として少なからず起こっているんですね。
仮想通貨が金商法の適用されることにより、こういった不正取引への規制が法律上で機能させることができるため公平性が増すということです。

②自分の資産を安心して仮想通貨として保有できるようになる

仮想通貨の取引所が破綻する、ということがたまにニュースで流れますよね。
有名なのはマウントゴックス事件と言われるものです。

マウントゴックス事件とは?

当時最大の仮想通貨取引所だったマウントゴックスに対する不正操作が行われ、約480億円分のBTCと預かり金が不正操作により消失した事件のこと。
この事件から、不正操作による仮想通貨消失事件のことをGOX(ゴックス)と呼ばれるようになりました。

最近では、2018年1月26日に起きたコインチェックによる「ネム(NEM/XEM)」という通貨580億円のGOXが記憶に新しいですよね。

金商法では、取引所が破綻した場合でも投資家の資産が保護されるように管理するという法律があります。
しかし、仮想通貨は金融商品ではないため、消失した仮想通貨は手元に戻ってこないかもしれません。すべてが自己責任扱いになっているのです。

コインチェックは「ネム(NEM/XEM)」流失事件について補償しましたが、取引所が破綻してしまったらその資産は無くなってしまうものと覚悟したほうが良いでしょうね。

GOXのニュースは日本に限らず世界を見ると、小さな(とはいっても数億円規模ですが)ものを含めると日常的に発生しています。
そしてほとんどの場合、犯人は捕まりません。

このリスクが、現在の仮想通貨に対する価値にバイアスをかけているのは間違いありませんし、消失リスクを考えた場合、現在の仮想通貨の価値は逆に高すぎると考える人も多いんですよね。

金商法の対象になることで、それらの不安要素によるバイアスが解けて、投資家の資産保護が強まり、より安心して保有することができるようになるわけです。

③仮想通貨の税金が「分離課税」になることのメリット

現在、仮想通貨の投資によって得た利益は「雑所得」として処理され、最大で55%もの税金がかかります。

税金55%ってやばくないですか?
1,000万円の利益があっても、手元には450万円しか残らないんですよ…。

この高すぎる税金が、仮想通貨への投資を阻んでいるのは考えるまでもありません。
利益の半分以上が課税されるのなら、参入する気持ちはなくなりますよね…。

だからこそ、金商法の対象になるかどうかが、今後の仮想通貨市場が盛り上がるかの重大なターニングポイントになります。

もし、金商法の対象となった場合、仮想通貨は金融商品として正式に認可されます。
そのため税金も株式投資などと同様に「分離課税」に該当し、課税率も20%となるんです。

税率が見直されたらどうなることが期待できるか。
まず、真っ先に思い浮かぶのは、株式投資やFX投資、ベンチャー投資や不動産投資などを中心に行っている投資家たちの巨額な資産が流入してくることへの期待ですよね。

こういった機関投資家の参入は、紛れもなく仮想通貨市場を活性化させます。
動く金額の桁が違うので、現在の各通貨の相場が一気に上昇する可能性も全然あるわけです。

その未来に期待して、僕なんかは今のうちからコツコツとZaifの積立投資で、毎月来るべきときに向けて定額投資をしています。

Zaif(ザイフ)で口座開設するメリット5選!初心者におすすめです国内の取引所の中でもトップクラスの支持を得ているZaifなので、仮想通貨をやっていない人も名前くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょう...

仮想通貨と金商法の関係は今後も要注目

そのときは突然来るかもしれません。
仮想通貨の関連ニュースは、刹那的に訪れます。

仮想通貨が金商法の対象になった場合に起こる変化
  • インサイダー取引や不正な取引は規制され、より公平に取引を行えるようになる。
  • 取引所の破綻による仮想通貨の消失(GOX)に怯えることがなくなり、安心して資産を仮想通貨にしておくことが出来るようになる。
  • 税金は分離課税として20%になり、利益を得るために参入する投資家が増えて市場が拡大する。

このように考えると、仮想通貨が金商法の対象となるのは時間の問題のようにも思っていたりします。
金商法が仮想通貨を一気に普及させる合図になるかもしれませんよ。

いつのタイミングで良いニュースが入って、仮想通貨の盛り上がりが始まってもすぐに飛び込める準備をしておいたほうがいい。
この波を乗り過ごすのは、あまりにももったいないと僕は思っています。

仮想通貨の始め方ガイド!初心者も安心の仕組みや手順を徹底解説仮想通貨が流行っているけど、何から始めていいか分からない。 そもそも分からないから不安。 このような人が多いのではないでしょうか...
世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...