仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
ニュース

コインチェックの再開が間近か?国内の仮想通貨市場は再び盛り上がるのか

国内大手取引所のコインチェックが、10月29日より「Coincheck 仮想通貨取引説明書」と「Coincheck 利用規約」の一部改正を行う公式で発表し、『ついに再開に向けて動き出したか?』という見方が強まっています。

ワタル

コインチェックがもしも金融庁の認可が下りて再開することになったら、日本の仮想通貨市場は盛り上がるのか?

ここ重要ですよね。
コインチェックの世間的なイメージは決して良いとは言えません。

本当に仮想通貨の盛り上がりに好影響はあるのか?という点を書いていきたいと思います。

取引所コインチェックが再開による仮想通貨再燃へ期待できることは?

一般ユーザーの仮想通貨への入り口が広がる

仮想通貨市場が冷え込んでいる要因のひとつは、コインチェック、bitFlyer、Zaifと盛り上がりを牽引していた国内取引所がこぞって金融庁の業務改善命令を受け「新規受付を停止」しているという点が挙げられますよね。

仮想通貨に参入する入り口が狭すぎることで新しい資金が入ってこなく、流動性がなかなか上がってこないという課題に直結しているわけですが、まずはコインチェックを含めた「みなし業者」が金融庁の認可登録を目指すことが最優先です。

みなし業者とは?

金融庁から仮想通貨取引所として、正式な認可を受けていない取引所のことです。
システム管理や安全管理体制などの基準を満たして、金融庁にて仮想通貨交換業者登録を受ける必要があります。

現在、金融庁より認可をもらえる可能性を残す「みなし業者」は以下の3社です。

みなし業者 出資、買収企業
コインチェック マネックスグループが買収
みんなのビットコイン 楽天株式会社が買収
LastRoots SBIホールディングスが出資、登録支援

2018年以降、新たな認可登録事例はありません。
もしもコインチェックの申請許可が下りれば、国内における仮想通貨市場に大きな追い風となる可能性は十分に秘めています。

アルトコインの取引が増える可能性が高い

コインチェックは、現在「新規登録者停止」と「主要アルトコインの売買停止」の2つの処分を受けています。

すなわち、現時点でコインチェックを使えるユーザーは、金融庁より業務改善命令を受ける前から使っていて、且つビットコインだけ売買をする人だけが対象となっているんですね。

本来、コインチェックの強みは『コインチェック銘柄』と称される豊富な種類のアルトコインでした。

コインチェック取り扱い通貨

特に、Zaifが利用できなくなった現在、人気銘柄であるNEM(ネム)を国内取引所で購入する手段がなくなっており、もしもコインチェックが再開するとなればNEM(ネム)を独占することができます。

したがって、コインチェックの再開はNEM(ネム)の価格に大きく影響を持つと推測できますので、NEM(ネム)保有者やファンにとっては特に重要なニュースになると思われます。

NEM(ネム/XEM)とは?今後の価格は上がるのか?特徴や将来性を解説数多くある銘柄の中でも「将来有望」と名高く、ファンも抱えているネム(NEM)。 一方でコインチェックの流出事件により流出し...

コインチェックを買収したマネックスグループの株価も高騰

マネックスグループチャート

コインチェックによる交付書面の一部改正の知らせを受けて、コインチェックを買収し傘下につけているマネックスグループの株価も騰しています。

このことから、コインチェック再開に対する期待の高さが伺えますよね。

コインチェックの交付書面一部改正による主な変更点

コインチェックプレスリリース

今回、コインチェックがリリースされた変更点をいくつか取り上げます。

  • 取り扱い通貨より、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)が削除
  • 売買の数量に下限と上限を設定
  • 取り扱う仮想通貨は全てコールドウォレットを構築・保管
  • 高速出金対応の停止、2営業日後の出金対応に変更
  • 米ドル入金の受付を停止
  • 2段階認証の未設定ユーザーには、コインチェックが責任を負わない旨の追記

目立つところはこんな点かなと思います。
詳細については、公式のお知らせをご覧ください。

コインチェック再開による仮想通貨市場への影響まとめ

コインチェックCM

2017年の仮想通貨フィーバーの当時、コインチェックが放送していた出川さん出演のコマーシャルが強烈なインパクトでした。

この頃に仮想通貨を始めたユーザーは『出川組』と呼ばれるくらい、コインチェックが主役であったと言っても過言ではありません。

まだ可能性の話にはなりますが、もしもコインチェックの再開が決定した場合に市場へ起こり得るであろう変化をまとめますね。

  • 新規ユーザーの入り口が広がる
  • 金融庁から認可を受けるという成功事例ができあがる
  • 主要アルトコインの流動性が高まる期待が持てる

いずれにしろ、コインチェックのような大きな取引所は、国内の冷えた市場へのアクセントになる可能性は十分にあると思います。

ワタル

コインチェックの再開はかなり期待したいですね!

世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ