仮想通貨の初心者向け始め方ガイド
オピニオン

ビットコインの高騰が続く!まだまだ上がると思っている6つの理由

来てます…!!
ビットコインが90万円を突破してものすごい勢いで高騰を続けていますね。

仮想通貨はこの上がり方を見せるから楽しいです!

世論は「仮想通貨は終わりだ…」とか、「今から仮想通貨を始めても遅い」なんていう声もありますよね。

いろいろな声がメディアを賑わせてますが、僕は今年の3月の下がり基調のときに参入していますよ。
なぜなら「絶対に仮想通貨はこれからだ」という自信があったからです。

そして、今もまだ全然「上がっている最中」であって、まだまだ仮想通貨の真価は先に待っていると思っています。

それを判断するのはあくまでも「自分」ですが、今回は僕なりに「まだまだ本番はこれから…」と思っているその理由を書いていきます。

仮想通貨は、まだこれから上がり続けると思う6つの理由

①日本の仮想通貨に参入している人口はたったの3%

もう仮想通貨の市場は完成していると思っていますでしょうか?

こちらは日本における「仮想通貨」の取引利用人口を表にまとめたものです。

日本人口 1.27億人
仮想通貨人口 350万人
仮想通貨利用率 2.8%

まだたったの約3.0%の人口しか始めていないんです。
逆に言うと、「まだまだこれから始める人」が増えると思っています。

仮想通貨は、まだまったくの未完成な市場だと個人的に考えております。

②「株式」「FX」に比べ仮想通貨は市場規模がまだまだ小さいため

こちらは、「株式」「FX」「仮想通貨」の取引金額を比較したものです。

取引金額比較 2017年度 前年比 投資家数(口座数)
株式 約743兆円 +7% 1,016万口座
FX 約4,179兆円 ▲15% 730万口座
仮想通貨 約69兆円 約20倍 約350万人

こちらは2017年時点でのデータなので、ちょっと古いですがそれでもものすごく開きがあります。

この開きは何を意味しているかというと、ポジティブな解釈ですが【株式やFXで取引をしている大金持ちの投資家がまだ仮想通貨に入ってない】と見ることができます。

要するに「株式」を動かしている約740兆円と「FX」を動かしている約4,000兆円のマネーの一部が仮想通貨に流れるだけでもとんでもない上がり方をします。
その可能性は十分に秘めていると感じています。

③仮想通貨が「金商法」の適用になる可能性がある

仮に、「金商法」の対象になった場合、仮想通貨の市場はこれまではまるで助走であったかのような本気の走りを見せるのでは、と思っています。

詳しくは、以下の記事にて執筆していますので、よろしければご参照ください。

仮想通貨が金商法の対象になって、初めて「仮想通貨の歴史はスタートした」と言える本記事を執筆している2018年7月の初頭、金融庁による仮想通貨の規制に『金融証券取引法(金商法)』への適用検討がニュースになっていました...

特に、仮想通貨へ投資している多くの人が感じている「税率最大55%」という規格外の高さが解消されれば、一気に仮想通貨フィーバーが起こり得ます。

④莫大な資産を持つ機関投資家が参入する可能性がある

上述した「株式」「FX」の投資で莫大な資産を築いている機関投資家が参入すれば、一気に市場規模は膨れ上がります。

そうなると、現在のビットコインやその他通貨の価格はもっと高騰するはず。
少しずつですが、世界有数の大手企業や金融機関は、仮想通貨に多額の投資を行い始めています。

この流れは、今後どんどん強まっていくと僕は見ていて、そうなると当然「買い」が強くなり、仮想通貨の価格はもっと高騰するわけですよね。

注目は、近くビットコインをETFに承認するのでは?と期待されるニュースが出ていて、現在の高騰はそれによるものと推測しています。

ETFとは?

日本語で「上場投資信託」のこと。
簡単に言うと『市場そのものに投資することができる金融商品として認めます』ということです。

すなわち、もしビットコインETFが承認された場合は証券会社もビットコインを扱うことができるようになるわけです!

こうなると機関投資家が流れてくることに弾みがつくことになるんですよね!注目です。

⑤仮想通貨は24時間ずっと取引ができるという利点

株式やFXは取引き可能な時間が限定されています。

  • 株式投資→9:00~11:00、12:30~15:00の2回
  • FX投資→24時間やっているが21:00~24:00がゴールデンタイム

ですので、仮想通貨が24時間ずっと取引可能という点は、数多くの投資家にとって魅力的なはずです。

そのため条件や環境が整えば、必ずと言っていいほど参入が強まります。

条件や環境というのは、上述した法整備の部分ですね。

⑥通貨に発行上限が設定されているので値上がりしやすい

これはもう経済の仕組み上そうなんです。
例えばビットコインは2,100万枚という発行枚数の上限があります。

もし、中央銀行が日本円をたくさん印刷した場合はインフレ(物価の上昇)が起きますよね?
その理由は、円がたくさん出回ることによって「円の価値が下がる」からです。

ようするに、経済の仕組みとして市場にたくさん出回っているものは一般的に価値が下がるということです。

ということは、シンプルに考えて「発行枚数」に限りがあるビットコインは、数量に限りがあるからこそ価値が上がりやすいと言えます。

繰り返しますが、経済の仕組みとしてそうなんです。

今から始めたって全然遅くない!

僕が、仮想通貨はまだ上がり続ける!と思っている主な6つの理由を挙げました。

2017年の12月にビットコインがものすごい高騰を見せて「仮想通貨バブル」とも言われましたね。
資産を増やして、恩恵を受けた人はたくさんいます。

僕はそのときに「やっておけばよかった…」と素直に思いました。
興味はあったけど、「知らないから勉強してから」と思いながら、ずっと後回しにしていたんですよね。

そして、今まさに再び高騰を見せ始めています。
2017年のバブルに乗りそびれた人たちに言いたのは【やっておけば良かった】という後悔は本当にもったいない、ということです。
同じ後悔をしないように行動しましょう。やるだけ!なんですから。

いざやってみたら難しくもないし、めんどくさくもないんです。

この先、2度とないチャンスかもしれないこの瞬間を、ぜひ楽しみましょう!

仮想通貨の始め方ガイド!初心者も安心の仕組みや手順を徹底解説仮想通貨が流行っているけど、何から始めていいか分からない。 そもそも分からないから不安。 このような人が多いのではないでしょうか...
世界で断トツ1位の利用量を誇る取引所

仮想通貨の投資で稼ぎたいなら必ず使いたい取引所。

  • 取引所ランキング断トツ世界1位
  • 日本語完全対応
  • レバレッジは1倍〜100倍まで操作が可能
  • ロスカットがないので中長期のホールドも可能
  • 追加証拠金なしなので借金リスクが全くない安心感

 

確実に稼ぎたいならBitMEXを使いこなそう。

 

驚異の100倍レバレッジ!BTCFXの取引所「BitMEX」の特徴を徹底解説少ない投資予算でも短期で稼げる!ということで、レバレッジ取引のできるFX投資が仮想通貨でも大流行し始めていますね。 で、短期FXト...
こちらの記事もおすすめ